WB多彩仕上げ工法とは

特殊ローラーを使用し上質な仕上がりを実現

お気に入りの我が家。そろそろ塗り替えの時期。
クリアー塗装するには劣化が進みすぎた箇所がある。でも、単に塗装するだけでは物足りない。
WB多彩仕上工法は、そんなあなたのデザインポリシーを応援し、従来の外壁塗装では実現できなかったオリジナル性の高いデザインを実現します。





WB多彩仕上工法の特徴

◇重厚な風合い
窯業系サイディングボードの重厚な外観を活かす、新たな大柄多彩仕上げです。
落ち着きのある3分つやの仕上がりであり、高級感あふれる外観を創り上げます。
◇簡単施工
専用ローラーを用いることで目地部分を簡単に塗り分けることができ、
従来では困難であった3色仕上げも容易に実現します。
◇高耐久性
着装層とクリヤー層のハイブリッド耐候性設計により、耐久性に優れた高意匠多層構
造塗膜を形成し、大切な住宅の外観を長時間保護します。
◇美観維持
防かび性・防藻性にも優れ、汚れを防いで美観を維持します。
◇高い安全性
使用材料はすべて環境にやさしい水性1液塗料です。

WB多彩仕上工法の仕組み

塗膜の光による劣化要因

1. 樹脂の低分子化
太陽の光には、目に見える光(可視光)と目に見えない光(赤外線・紫外線)があります。紫外線は波長100~400nmの領域を指し、波長の長いほうからUVA、UVB、UVCの三つに区分されます。この中のUVA(315~400nm)と一部のUVB(280~315nm)は地表まで到達し、高分子樹脂を劣化させます。
塗膜を構成する高分子樹脂は、紫外線のエネルギー作用により主鎖や側鎖が切断され、低分子化することで劣化します。高分の子樹脂のC-C結合エネルギーは約343kJ/molでUVA・UVBの有する約300~428kJ/molのエネルギーにより、切断されてしまいます。
2. 樹脂の化学反応
高分子樹脂に光が当たるとエネルギーの高い不安定なラジカル分子を発生させます。ラジカル分子は次々と連鎖化学反応を起こし高分子樹脂を劣化させます。
3. 光触媒作用による樹脂の分解
着色塗膜中の酸化チタン(白色顔料)は光触媒作用によりラジカルを発生させ、高分子樹脂を分解する作用があります。従来の着色塗膜とクリヤー塗膜の組み合わせでは、紫外線はクリヤー塗膜を通り抜け着色塗膜に到達し、クリヤー塗膜は表層の紫外線による劣化と着色塗膜中の酸化チタンに起因する光触媒作用による劣化が複合して進行します。

WB多彩仕上げ工法の耐久設計

~複合する機能の相乗効果で高い耐久性を実現~

1. WBアートSiクリヤー
約628kJ/molのSi-O結合エネルギーを有する特殊アクリルシリコン樹脂を使用しているため紫外線劣化に強い塗料です。
280~380nmの広範囲な紫外線領域を吸収する紫外線吸収剤を配合することにより、紫外線のエネルギーを化学的に熱や赤外線に変換して放出したり、自身の一時的な構造変換に消費することにより塗膜への影響を少なくしました。また、塗膜に均一に分散させることで長期にわたり効果が持続します。
高分子樹脂のもう一つの劣化要因であるラジカル分子を捕捉する光安定剤を有する樹脂を配合しています。
2. WBアートSi
特殊アクリルシリコン樹脂及び光安定剤を使用し、優れた耐候性を発揮します。
酸化チタンの表面に特殊な処理を施し光触媒作用を抑えた、高耐候性酸化チタンを使用しました。
3. WBアートシーラー
カチオン系特殊樹脂を使用しているため、窯業系サイディングの劣化塗膜に対し優れた付着性を発揮します。
白色タイプであるため、下地の隠ぺい性に優れ、塗替えでの仕上りをワンランク向上させます。

高度に耐紫外線設計されたWBアートSiクリヤーとWBアートSiを組み合わせて使用することにより、従来のクリヤー塗膜の問題点である耐紫外線性を大幅に向上させ、さらに層間の密着力に優れた塗膜を形成します。

施工実例

枚方市 I様邸

WB多彩仕上げ工法 作業工程

枚方市 F様邸

WB多彩仕上げ工法 作業工程

枚方市 E様邸

WB多彩仕上げ工法 作業工程


WB多彩仕上工法 色見本

標準色は、2色仕上げ『16色』、目地を活かした3色仕上げ『6色』の合計『22色』
高意匠サイディングボードに上質な仕上がりをお届けします。

標準色 2色仕上げ

標準色 3色仕上げ